検索
  • Mikako Ishikawa

煉瓦MAN参上。


お陰様で宮城県民3年生になりまして、益々のご依頼を頂き感謝感激雨あられでございます。

メーカー様のみならずエンドユーザー様にもお問い合わせを貰い忙しくさせて頂いております。

ここでサボってきたBLOGにツケがまわってきまして...

何処から書いて良いのやら(笑)

2日間悩んだ末に、このBLOGを見るなんて物好きな方がいるのなら、別に何を書いても読んでくれるんじゃ無いでしょうか?と言う身勝手極まりない答えに辿り着きましたので、物好きな方はお付き合い下さい。Let's Go!

最近特に多く手掛けさせて貰っている商材が【煉瓦(れんが)】です。

積み上げても良し、敷き詰めても良し。重厚感もあり、メンテナンスフリー、経年劣化ですらある種の【味】と取れる優れもの。

欧米では古くから道路や花壇、果ては建物に至るまでこの【煉瓦】が使用されています。

この優れものの【煉瓦】を、MIGAKIでは玄関までのアプローチに使用してこんな可愛いラインに使ったりもしました。

縁取りにアクセントで【煉瓦】を使い、樹脂の洗い出しで仕上げました。

わぉ!素敵☆

玄関からの眺め👀

縁取りに使ったと思えば、今度は特殊な依頼を受けまして...

そうです、このおっきなワンちゃんの奥の下地が丸見えのゾーン。

この室内にて薪ストーブ用に【耐火煉瓦】にてストーブ置き場を作製依頼。

知り合いの大工さんからご依頼頂き、試行錯誤しつつ仕上げて見ました!

目地を入れて仕上げ完了☆

たくさんの動物と一緒に暮らしているお宅ですので、ここにストーブが設置されてみんなで火を囲んで暖まっている姿を想像するだけで、僕の心も暖まります♡

ひとえに【煉瓦】と言っても色々と種類もありまして、先ほど紹介した耐火煉瓦や新品なのにヴィンテージっぽくした物もその一つ。

ジーンズでもわざとダメージをつけた新品もある様に、エクステリア商材にもそういった物があります。こちら!

うん。だいぶん痛めつけられてますね、新品なのに。

今回のこの【煉瓦】はなかなか特殊な感じなので次回まで引っ張らせて貰います(笑)

完成していますが、今回は施工途中のレンガらしからぬ並べ方を少し見て頂いてお別れです。

施工風景

なんてこったテラコッタ!

ほな、さいなら👋


124回の閲覧

Tel:  022-706-6185 

 Fax: 022-706-6105